なんていい加減な! by M.N

偉人は思想・アイデアを、平均は出来事を、愚か者は他人について語る E.ルーズベルト

 .

分散型のサービスの難しさ

2017年04月18日 · ネットの問題と今後の姿

複数の知人からほぼ同時期に「マストドン」というTwitterのような機能があることを教えてもらいました。何でも巷ではこの機能が話題だそうです。

特徴は分散型である点です。すなわち勝手にサーバーを立ち上げてマストドンを動かすと、他の同様のサーバーと連携して全体としてTwitterのような機能を実現できるというものです。(メールサーバーもこれと同じように分散型です)

メリットは

  1. 個人情報を特定の企業に渡す必要がない
  2. サーバーが増えていけばそれに比例して多くのユーザーが利用できる環境ができる

ところにあります。企業に支配されないという、実に素晴らしいシステムです。さらに開発者からすればデータセンターを持つ必要がないのは魅力です。

実はほぼ同じサービス(ソフトウェア)は以前にもありました。Status.NET(Pump.ioやGNU Socialの原型)がそれです。7年以上前のことです。コンセプトも機能もほぼ同じで、開発者がサーバーを立ち上げると共に、有志にこの機能用にサーバーを立ち上げるように呼びかけました。

Twitterに対抗する分散型サービスとして話題になりました。ところが実際に運用を始めるとある問題が発生したのです。それは

皆、本家本元のサーバーに登録してしまう

せっかく分散型として開発したにもかかわらず、一極集中が起こったのでした。開発者はプロバイダにこの機能を提供するように呼びかけたりしたのですが、うまくいきませんでした。そしてある日、彼はデータセンター維持の費用が負担になったことを理由にサービスを停止したのです。(メールサーバーが分散型なのに皆がGMailを利用するのと同じです

今回も日本で先頭を切ってマストドンのサーバーを構築した大学生のサーバーに登録が集中し、結局データセンターへ引越しをすることとなったそうです。

結論:分散型はユーザーがどこにサーバーがあるかわからないようにしなくてはいけない。さらにサーバーの数はもっともっと増やさなくてはならない。

各家庭にあるルーター内でこれらの機能が使えたらクラウドと完全に戦えたのに、と思うわけです。

→ コメント(2)タグ :

信用できるかどうかの基準

2017年04月16日 · 科学的思考

オーストラリア生まれでハーバード大学の研究者である David Sinclairさんはその筋では有名な人です。どういう筋かというと「アンチエイジング」です。10年ほど前にレスバラトロールという赤ワインから抽出した成分で「細胞が若返る」という説を唱えた人でもあります。(ちなみにシンクレアさん、その抽出成分を作る会社を設立し、大手製薬会社に驚くほどの価格で会社を売ってしまいました)

しかし今ではそのレスバラトロールの効き目は疑問視されています。

そんな彼が最近ある新聞のインタビューでNMNというビタミンB3の一種についてこんな発言をしています。

(40歳代の)私の血液は58歳相当と言われた。しかしMNMを3ヶ月飲んだら30代の血液に若返った。77歳の父の場合は登山で弟よりも元気だった。

どう考えてもこの先生、学者としての資質に問題があると私は思うのです。ほとんど

いやー、夕べスッポンを食べて朝起きたら元気になった自分を発見したよ。
やっぱりスッポンは効くね。

というレベルの話です。

居酒屋のバカ話と同じような会話をメディアに対してする「科学者」を信じてはいけません。

→ コメント(2)タグ :

分散動画配信のWebTorrent

2017年04月14日 · ネットの問題と今後の姿

面白いソフトウェアを発見しました。WebTorrentというものです。これはブラウザで動画を閲覧すると、他の同じ動画を見ている人にそのデータを転送するものです。見ているデータをもらう代わりに他の人に配信する、という分散データ配信の一種です。ベースとなっているのはBitTorrentです。

データを受信(そして別の閲覧者に送信)しながら動画を再生できるという点が比較的目新しいです。BitTorrentというベースになっている機能は受信はデータのどの部分から行うか最後まで決まっていません。先頭からデータを受信する保証はないのです。ですからこのWebTorrentでは必ずデータの先頭から受信するような仕組みが新規に作られたのでしょう。

WebTorrent

WebTorrent

少し技術的なことを書きます。この仕組みはブラウザが「サーバー」の機能を持っています。データを送信する機能です。通常はブラウザは受信することがメインの機能であり、「コンスタント」に送信することはありません。それをすべて「javascript」と最近のブラウザに内蔵されている機能が連携してこの作業を行います。

分散を目指すのは当然私だけでなく、私よりも優れた技術者によって分散技術は進化しています。

しかしどのような機能にも欠点があります。それを冷静に考えてみましょう。

それはブラウザを閉じた時、もっと極端なケースとしてはPCやタブレットのスイッチを切ったときです。これはよくあることで、特に動画を見るときはあれを見たり、これを見たりすることが多いので、上の図でいうところの右側ではかなりダイナミックにデータの流れが変化するはずです。

本来であればデータを受信していない時こそデータを発信すべきなのです。例えば私の自宅の回線を考えてみましょう。もし私がインターネットを使っていないときに同じ回線を使って他の人のデータ取得に貢献するとすれば、その回線が遊んでいる時間が少なくなります。遊ぶ時間が少なくなるという事は、データの流れがネット全体を見た場合、均一に少し近づくということです。

そういうわけで上の図の左と真ん中にあるデバイスの数を増やし、できれば常時接続されているそのような環境を作ることが大切です。

先日知人がこんなことを言っていました。

皆が高速道路を使うより、裏道を効率良く使うってことだろう

 

→ コメント(0)タグ :

分散型のエンタメ

2017年04月04日 · アイデア, ネットの問題と今後の姿

そろそろ分散型のエンターテインメントサービスを作ろうかと思い、週末に基本設計をはじめました。通常このようなサービスを作る場合、インフラをどうするかを考えます。かつて私が「美穂の旅」を作った頃、会社には月額50万円、最大帯域1.5Mの光回線が入っていました。その回線で出来るサービスとして「メール」を主体とした設計をしました。メールはあまり帯域をくわないからです。インフラに制限されたサービスであったとも言えます。

しかし今回は少し違います。というのも分散型になるからです。例えば現在稼動しているWaffle Cellのうち、例えば100台がこの企画に参加してくれたとします。回線だけで100Mx100=10Gでかなり凄いです。メモリもそれぞれが1GB使ったとすれば100Gです。200台が参加すればそのさらに2倍になります。

世界中には分散処理の素晴らしいソフトを開発している人たちが多くいます。しかし残念ながらそのプラットホームを提供するサーバーは多くの場合データセンター内に設置されています。自由に活躍の場を持てないのです。

そういうわけで彼らのソフトを動かす活躍の場であるプラットホーム構築も重要な仕事といえます。もしユーザーが小型のサーバーを各家に設置することが当たり前になれば、ソフトウェア技術者はインフラを心配せずに様々なサービスを提供してくれるでしょう。

そういうわけで、分散型のエンターテインメントサービスを作ることにしました。

※ 分散型の例
例えばユーザーがログインをする場合、グループ内のどのサーバーからもログインが出来るようになります。例えばある動画を見る場合、その時点で余裕のあるサーバーに接続します。

→ コメント(0)タグ :

否定するエネルギーは凄い

2017年03月30日 · なるほど

私自身もそうなのですが、否定するときのエネルギーは凄まじいです。何か新しいアイデアを聞くと、まずは否定する材料を全力で探すことが多いです。

考えてみればそのエネルギーを逆、すなわち面白そうなアイデアであるならば、もっとよくする方法に注いだほうがいいに決まっています。いや、普段からそのエネルギーを創造的なことに使えばいいのにと思います。

ちなみに最近の研究によれば楽観主義者はそうでない人と比べて身体的にも健康だそうです

→ コメント(1)タグ :

オープンソースと横のつながり

2017年03月28日 · 考えてみました

オープンソースで提供されるソフトには様々なものがあり、中には世の中を変えたものもあります。例えばLinuxがその代表選手でしょう。一般的にはあまり知られていませんがAndroidもLinuxを採用したもので、それ自身もほぼすべての機能がオープンソースとして公開されています。

最近あるオープンソースでできた「サービス」をWaffle Cellで提供しました。なかなか素晴らしいものです。しかし説明を読むと起動は「コマンドライン」で行い、利用する場合はブラウザで指定されたURLを手動で入力する、というものでした。それだけではありません。ブラウザを閉じてもそのサービスが止まることもなく、URLを入力し管理画面を表示するまで動いているのか動いていないのかもわかりません。

ちなみにこの問題を解決するプログラムを書きましたが、10行程度のものでした。それならばはじめから実装していてもいいと思うのです。10行のプログラムだって大多数の一般人には作れません。

別のオープンソースではユーザー認証機能がなく、あるユーザーがその実現方法を開発者に尋ねたら

私たちは核の部分を作っているのでそれはご自分で実装してください

そういうわけで、思うわけです。たくさんあるオープンソースを一般の人にも簡単に使えるようにするための「組織」が必要なのではないかと。そうすればユーザーンターフェイスも統一感が出てより完成度が上がるかもしれません。一般ユーザーが自分で使えるようなものでなくてはクラウドにはかないません。

→ コメント(0)タグ :

情けない男だと思った瞬間

2017年03月24日 · 出来事

レジで釣りを札、レシート、硬貨の順に重ねて返す人がいます。最近は随分と減ったとは思いますが、そういう店員がたまにいます。先に札を返してくれるとそれを財布に入れ、次に残りのレシートと硬貨を手渡してくれれば、財布に釣を戻すのが楽になります。

ですから毎回そういう店員にあたると目の前で一度札、レシート、硬貨をどこかに置き、財布にそれぞれを入れるようにしています。

そして昨夜、久しぶりにそういう店員にあたりました。しかし私は直接財布に釣りを入れて店を出したのです。心の中では少しだけ「まったく」と思いつつもいつもとは違う反応を示したのでした。

美人はトクです。

→ コメント(0)タグ :

飲兵衛の皆さん、朗報です

2017年03月22日 · 食べる

私の尊敬する朝永振一郎博士が迷言を残しています。

幸せを噛み締めて噛み締めて、腹いっぱいだ
ー ノーベル物理学賞受賞の知らせを受けて

立ち小便、よくぞ男に生まれける
ー 終戦直後プリンストン高等研究所に出張中、ドライブ先で

さてそんな朝永先生、こんなことも言っていたそうです。

(社会人になり酒の味を覚え)ノーメル賞も受賞できそうだ

そこで飲兵衛の皆様に朗報です。ある実験で c.elegance という線虫にエタノール(アルコール)を与えたら、寿命が最大で155%伸びたという研究があるそうです。人間に換算すると平均で125歳まで生きる勘定です。下戸である自分が許せません。

→ コメント(0)タグ :

単細胞なのかもしれない

2017年03月20日 · 出来事

最近自分は単細胞かもしれないと思うことがあります。他の人にとってどうでもないことが自分には嬉しくてたまらないことがあるからです。例えば「ライス無料」とか。

先日、自分が開発に携わっているWaffle Cellという「自宅サーバー」を利用し、スマホで撮った写真を即自分のサーバーに転送し、さらにその中で動く仮想デスクトップ(サーバーの中で動くパソコンのようなもの)内の写真管理ソフトで自動的に整理するように設定しました。

興奮しました。意味もなくスマホで写真を撮り始めました。夜も眠れませんでした。

もうひとつ最近興奮したことがあります。この三連休を挟みSSLという暗号化を実現する証明書をWaffle Cellの全ユーザーに無料で配布を始めたのです。(証明書とそのインストーラーおよびWaffle Cell内で動いている各種機能への対応も含めての配布)

やはり興奮しました。飛び上がりたい気分でした。実際に数回飛び跳ねました。

でもあまりにも単細胞に見られるのも少しだけいやなので、簡単にSSLについて解説をします。この暗号機能はブラウザを中心に利用されています。https ではじまるURLを見たことがあるでしょう。そう、これです。この機能は1994年にネットスケープ社というブラウザの老舗が開発したものです。彼らは将来ブラウザがEコマースで利用されるであろう、という予測のもとSSLを開発しました。そして「秘密裏」にこの機能をブラウザに埋め込んだのです。

そしてブラウザが多くの人に利用されるようになると、こう宣言したのです。

実をいうと、このブラウザには暗号化機能が内蔵されていて、この機能を使うにはネットスケープ社が開発したサーバーソフトが必要だよ

結果、高価なサーバーソフトが飛ぶように売れました。

さらにSSLをサーバーで利用するには「証明書」が必要です。デジタルの証明書を発行することで、安全性を保証するものです。そしてこの証明書ビジネスは爆発し、初期に証明書発行ビジネスに参入した会社の創業者たちをケタ違いの大金持ちにしました。(その一人は自腹で宇宙ステーションへ遊びに行ったほどです)

その証明書をWaffle Cellの全ユーザーに無料配布をはじめたのです。ほら、100%単細胞ではないかもしれないと思いませんでしたか??思ったでしょう?

→ コメント(0)タグ :

インド風居酒屋

2017年03月14日 · 出来事

昨夜、中野にあるインド風居酒屋「やるき」へ行って来ました。おでん、カツオのタタキ、唐揚げ、サラダ、焼き魚・・・・全部カレー味です。「〆」もカレーライスです。

小さな店ながら満席でした。月曜日の夜とは思えません。おそらく毎日ここで食事をするとさすがに飽きるでしょうが、特色がある店なので人気なのでしょう。

今回は取引先の皆さんと行きました。事前に3店舗の候補があり、その中から私に選べという連絡がありました。候補はイラン料理、ミャンマー料理、そしてこのインド風居酒屋「やるき」です。早速私はGoogle画像検索

[店舗名] 看板娘

という複合語検索の結果を見てインド風居酒屋を第一候補として希望を伝えたのです。

 

 

ということで、そこのあなた、画像検索したでしょう!?

→ コメント(0)タグ :