ニュース!

祭でたばこ

PR
昨日は成人の日でした。毎年恒例暴れる若者の話題は晴れ着詐欺に吹き飛ばされてしまったようです。

さて、公現祭というキリスト教の祝日があります。検索すると、主の洗礼を記念するものであったが、異邦人に対する主の顕現として祝われるようになったなどと私にはちんぷんかんぷんのことが書かれています。

ポルトガル Vale de Salgueiro村では公現祭に子供にたばこを吸わせる習慣があります。最も小さい子で5歳の子に吸わせるのです。1世紀以上も続いている習慣ですが、なぜたばこを吸わせるのか、何を象徴しているのかは誰も知りません。ポルトガルでは18歳からたばこを吸えます。

娘にたばこを吸わせた喫茶店経営のGuilhermina Mateus(35)さんは
「なぜだか説明はできない。子供は肺に入れないですぐ出すので問題はないんだ」と話しています。

ポルトガルでは他の国同様、禁煙の動きが広がっています。
N山 (2018-01-09 16:07)


日時タイトル
2018-01-19 11:51可哀想な天使
2018-01-19 10:56プレスリーのコップ
2018-01-18 10:47ハイチーズ
2018-01-17 11:07恐竜で復興
2018-01-16 14:01予約再開
2018-01-15 10:39心ない人
2018-01-12 13:20この桜吹雪が…
2018-01-11 13:58ロブスターを大切に
2018-01-10 15:51親子のボブキャット
2018-01-10 11:18可哀想なヘラジカ
2018-01-09 16:07祭でたばこ
2018-01-05 14:24ひどいプレゼント
2018-01-04 11:54ロシア軍 最先端武器
2018-01-04 11:19急ぎすぎた乗客
2017-12-27 10:56最高のクリスマスプレゼント
2017-12-26 11:04可哀想なクリスマスツリー
2017-12-25 10:501944年のラブレター
2017-12-22 14:30義理の親子
2017-12-21 10:46クリスマスストッキング
2017-12-20 13:07アメリカのスコットランド
2017-12-19 14:03UFO
2017-12-18 10:34冬のボンネット
2017-12-15 11:26クリスマスプレゼント?
2017-12-14 14:46レゴハウス
ニュース