101回目のダイエット【8】 エノキダケダイエット


1ヶ月前までの猛暑はどこへやら急に涼しくなった今日この頃、マリオ次郎は焦りを隠しませんでした。
「私は今年中に痩せますよ。ダイエット成功したらもう私が誰か分らなくなっちゃいますよ」と公言してはばからなかったのです。 しかし、今年も紅葉前線が進んでくるとともにその公言は寝言へと変りそうなのです。

 エノキダケダイエット

NHKの夕方の番組を見ていたマリオ次郎にグッドニュースが飛込んできました。
『エノキダケで痩せる』
エノキダケにはキノコキトサンという成分が含まれ、これが臓器や血液中に蓄積される脂を抑制する働きがあるというのです。




番組によると1日に100gくらい毎日エノキダケを食べるとのことで・・・
100gのエノキダケを祈る思いできざみます。





これで大体100gくらいです。









「痩せますように・・・痩せますように・・・」
エノキダケにお祈りをしながら天日干しします。





しかし、お天気が悪くてイマイチうまく乾燥できませんでした。
「天気くらいどうってことないですよ。これで私は痩せますよ」
と、エノキダケをレンジで乾燥させます。









乾燥させるとこんなに量が少なくなります。しかし、臭いが強すぎて料理に合いません。
試しに味噌汁に入れてみましたが、臭いがきつくて飲めたもんじゃありませんでした。
(>_<)







マリオ次郎はスルメを食べる要領でエノキダケを食べることにしました。
さて、結果は・・・