「最後のいす」第二部の会場に選んだ理由
式場訪問 「アンフェリシオン(2)
いくつかの式場を見学し、私が今回決めた式場は「アンフェリシオン」です。何を決めたかというと・・・・はい、私の「アトリエ公演」の第二部の会場です!どういうことかというと、「最後のいす」という芝居では主人公が第一部で結婚することになるのですが、第二部では実際に披露宴を行うのです(もちろんこれも芝居です)。この披露宴には観客が招待され、そこでまたドラマが展開する!!面白いでしょう?

そして私が式を挙げると仮定して選んだのがこのアンフェリシオンなのです。
pc134026.jpg  pc134029.jpg

今回、式場を選ぶにあたっては、大前提として地理的条件がありました。これ以外の条件としては300名程度の「披露宴」が開けるところです。はじめはエンジェルガーデンも候補の筆頭だったのですが、重要人数の問題でアンフェリシオンに決めました。式場としてのポイントは

  • リニューアル直後でとてもキレイで清潔感がある
  • 披露宴会場が独立していて、プライベート感がある
  • チャペルの天井が高く、広々としていて他の式場と比べダントツで美しい!
pc134024.jpg
もちろん料理も大切な要素でした。

今回の「最後のいす」第二部には実際の披露宴と同じように着席によるコースディナーが出ます。メインディッシュも肉と魚(えび)の二種類で、とても美味です。

この公演第二部では6種類のコースです!

(右の写真はカタログにあるもでの、今回の公演第二部で出されるコースディナーと同じものではありません。)

私が選んだアンフェリシオンの取材記はこちらからご覧いただけます。