トイレ!トイレ!トイレ!

人は誰でも食べたら出すことになります。しかしトイレを装備したキャンピングカーを買っても、「絶対にトイレは使わない」という人も居れば、「トイレを使ってみて初めてキャンピングカーのありがたみがわかる」という人もいます。

テグレットでは「家族ならまだしも、他人の下の世話はちょっと」という事になりました。しかしせっかくあるトイレが無駄になるのは忍びないし、使わざるを得ない事もあるだろうという事で、簡単に処理が出来るトイレの使い方を考えました。

ビニール袋
実は備え付けのトイレは水洗トイレです。

本来はタンクに溜まった汚物を定期的に処理するのですが、タンクを使わないで済む処理方法を考えました。

トイレはこんな感じ。写真で見ると大きくみえますが、家庭の便器より一回り小さいです。

ここにビニールを二重に被せます。両方黒いビニールを使いますが、写真では分かりやすくするために透明のものを内袋に使いました。


防臭剤の投入
次にビニール内に少量の水を入れ、次いで消臭剤の錠剤を入れます。水を入れるのは消臭剤の効きをよくするためです。


これで準備完了!後は.......

モデル:マリオ次郎


・・・・お見苦しいものをお見せして申し訳ありませんでした・・・・


最終処理!
いよいよ最終処理。どうするかというと、基本天ぷら油と一緒です。固めます
まずは固める薬剤(写真左上)を投入。この薬剤は紙おむつと一緒の高分子ポリマーの一種で、最終的には紙おむつと同じ種別でごみに出せます。
固まったら内袋の口を縛り、それを外袋に入れてさらに口を縛って終了!