腰痛対策の椅子


テグレットはコンピュータ会社です。パソコンの前に座っている時間が非常に長いです。そのため社員の多くは肩こり腰痛、 目の疲れに悩まされています。

 アーユルチェア

大分前に購入したバランスチェアがあります。腰はS字になり、腰痛には効果がありますが、背もたれがないので体全体が疲労します。 連続使用は大体1時間が限度で、それを過ぎると普通の椅子に戻ってしまいます。
そこで、腰痛対策の椅子の一種「アーユルチェア」の体験をすることにしました。アーユルチェアの謳い文句は
「骨盤を整え、正しい姿勢に導いてくれる」
とのこと。




1週間無料体験できるとのことで、送ってもらいました。
でかいダンボールを開封するとエアキャップに包まれたアーユルチェアが。





座面に敷いてあるキャッチャーのプロテクターのようなものは「体圧分散マット」です。有難いことに同梱されています。
この椅子は座面が小さく、座骨を立てて座るのが特徴です。









早速座ってみます。





けつを突き出して座るのがコツ。





これにより骨盤が前傾して、背骨をS字カーブに維持できるとのこと。足を開いて座るのもポイントで、これにより上体がぶれたり、 足を組んだりしなくなるとのことです。



さてこちらはいつものようにふてくされたような姿勢で仕事をするマリオ次郎。





何も説明されずアーユルチェアに座ったところ、自然に姿勢がよくなりました。









しかし、けつが痛い! 座面が小さく体重が座骨にかかるため、連続使用は1時間が限度。 100円ショップで子供用座布団を買って敷いてみました。少しは痛みが軽減したような気がしましたが、 やはり時間の経過とともにけつが痛くなりますぅ。(涙)



結局試用期間の1週間では痛みに慣れませんでした。もっと1ヶ月とか経てば痛くなくなるかもしれませんが・・・ 少なくとも最初の内はメイン使いではなく、正しい姿勢を体に覚えさせるトレーニング用として使い、慣れてきたらメインの椅子として 使うのがいいんじゃないかなと思いました。