今度こそ美味しく食べる!

NHKの「ためしてガッテン」で「バナナを美味しく食べる方法」をやっていました。50℃のお湯に5分間つけるとバナナが劇的に甘くなるということで、テグレット でも前回実験してみました。TVでは
「甘い!」と好評だったのに、テグレット内の反応はイマイチでした。
原因として。
  • お湯の漬け方が悪かった。
  • お湯の温度が間違っていた。
などが考えられます。


マリオ次郎は
「お湯の漬け方が悪かったんじゃないですか」
「お湯の温度が間違っていたんじゃないですか。TVでは50℃でしたよね。実は35℃しかなかったとか、70℃もあったとかじゃないんですか」 と、ここぞとばかりに人を非難します。(ヒドイ!)

「バナナを一瞬で甘くする方法」

他にも美味しく食べる方法が紹介されていました。バナナを逆の先端から食べるというのです。 普段は「幹側」から剥いて食べますが、逆の先端は花が咲くため、栄養も集まり甘くなっているとのことです。 前回のお湯につける方法はこちらのやり方が悪かったとして、これなら「花側」から剥いて食べるだけなのでやり方もへったくれもありません。
「花側」から食べた一般女性は目をまん丸にして
「甘〜い」と言っていました。スタジオのタレントも
「うん、甘い」
さて、この状況をテグレットでも再現できるか…

左が「幹側」、右が「花側」
番組内では「花側」から食べるお猿さんも紹介されていました。期待できるかも?!


シールを貼った方が甘いとされる「花側」です。


マリオ次郎にどちらが甘い方かを教えずに試食してもらいました。右はM.N。マリオ次郎を冷たく見ている。


マリオ次郎が食べ比べた結論。
「どっちが甘い方か分らない」


お、おかしい・・・