地球氷河期に備える
米不足に備えろ! その2 完結編

世間では、二酸化炭素増大によって生じる地球温暖化に関して心配していますが、テグレットでは万一の事態にそなえた研究を行うことにしました。それは地球寒冷化(氷河期)に備える研究です。その一環としてここでは米不足に備えてタイ米の食べ方の研究を行います。の少ない米)が主流です。そこでテグレットでは美味しいタイ米の食べ方を研究することにしました。


第3食:ベーコンのピラフ

素材(タイ米)の味がよくわかるように、最もシンプルなピラフを作ってみました。いや、本当はエビがなかっただけです(笑)。

これさえ入れればピラフっぽくなる魔法の食材、冷凍ミックスベジタブル、玉葱みじん切り(実は乾燥玉葱を使用)、スーパーで見切りで半額になっていたショルダーベーコンをタイ米と水とともに炊飯器に投入、味付けはコンソメ顆粒と塩です。

評価:2バンザイ
    

ぱらぱらのタイ米はピラフにベストマッチなんですが、味が平板。もう少し味の出る食材(魚介類等)を入れる必要がありそうです。
調味料と米代を除くコスト(二人分)
ベーコン:50円分
ミックスベジタブル:40円分
玉葱:20円分
ピラフの製造工程

家から持ってきた冷凍ミックスベジタブル
玉葱のみじん切り、刻んだベーコン

炊飯器に具材を投入
味付けは塩とコンソメ

炊き上がり
軽くかき混ぜて完了


第4食:チキンライス

ピラフと来たら次はチキンライスでしょう。という事で、早速炊いてみました。

評価:4バンザイ
    

これはなかなかいけます。生の鶏肉を入れたのがよかったのか、非常に美味しくいただきました。

調味料と米代を除くコスト(二人分)
鶏肉:100円
ミックスベジタブル:40円分
玉葱:20円分
チキンライスの製造工程

家から持ってきた冷凍ミックスベジタブル
玉葱のみじん切り、鶏肉の角切り

炊飯器具材を投入
味付けはコンソメとトマトケチャップ

炊き上がり、味が薄いので
ケチャップを追加してかき混ぜて完成


第5食:サンマの蒲焼ご飯

洋風の料理ばかり並んだので、日本食を考えました。

評価:5バンザイ
    

おおっと、これは予想外の美味さです。蒲焼のタレの甘みがタイ米にマッチして、薬味野菜がそれらを纏め上げています。
これは店で出てきてもおかしくない味です。特に蒲焼を混ぜてもご飯が粘らないというタイ米の特性が生きています。

調味料と米代を除くコスト(二人分)
缶詰:105円
薬味野菜:60円分
サンマご飯の製造工程

サンマ蒲焼と、薬味野菜をタイ米に混ぜるだけ。
薬味野菜は万能ネギ、ミョウガ、ショウガ、カイワレ大根、大葉


第6食:ドライカレー

普通はドライカレーは炒めて作りますが、会社で炒め物を作るのは面倒な上に顰蹙を買うので、これも炊き込みで作ってみました。

評価:2バンザイ
   

ドライカレーの素を使って作ったので、無難な味ですが、なんと言うか、炒めた香ばしさが欲しいような気がします。。

調味料と米代を除くコスト(二人分)
ドライカレーの素:52.5円
ミックスベジタブル:40円分
ベーコン:60円分
ドライカレーの製造工程

ミックスベジタブルとベーコン
そしてドライカレーの素を投入

そのほかに若干オイルを入れて炊飯
炊き上がりはチキンライスと似てます

ということで、結論

1993年秋いわゆる平成の米騒動と言われた米不足の時、全国平均の作況指数が74(100が平年並み)でした。つまり、約1/4を他のものでまかなう必要があるわけです。米ばっかり食べているわけではないので、週に3食程度がタイ米で凌げればいいわけです。

カレー、炒飯、ピラフ、チキンライス(オムライス)、ドライカレー等々、タイ米に合う食事は沢山あります。実際問題、我がテグレットでは週3-4回程度タイ米を食べていたのですが、全く苦になりませんでした。

幸い今年(2009年)の作況指数は概ね平年並みとの予想でありますが、昔から

勝って兜の緒を締めよ

という意味を込めて、平時である今からタイ米の料理を研究し、万一の地球寒冷化に備えるべし、ととテグレット技術開発地球寒冷化対応プロジェクトは結論付けたのでありました。