舞台が笑いで揺れた
池辺愛の「伊東四朗一座」出演レポート


2005年夏、伊東四朗一座が開演されました。聞く所によると、前売りは全席完売して炎天下の下、当日券を求める観客が列を作っていたそうです。

日替わりゲスト、そして最終日には菅井きんさんも突然参加!連日舞台が揺れる程笑いが巻きあがったようです。そして我らが池辺愛もこの舞台に出演していたのでした。


 「にんっ!」

2005年、夏、私は本当に素晴らしい経験をさせてもらいました☆毎日、座長伊東四朗さん、番頭三宅裕司さんを始め素晴らしい方々と一緒に舞台に立たせてもらい、毎日、お客さんの笑い声で揺れる劇場を体感することができ・・・。
終わって5日経った今でも、本当に、まだ胸いっぱい、おなかいっぱ・・・、いや、今日はまだごはん食べてないからおなかはすいたなぁ(^_^;)。



私は決めました!
‘笑い’にこだわって生きていこうと。

劇中、爆平笑一先生(春風亭昇太さん)も言ってましたが

「笑えば笑う程、免疫力が上がる」。

これは、ほんとだと思うんですよね〜。
そして、病気、病原体に対する免疫力はもちろん、
悲しいことやつらいことがあっても、
笑ってみちゃえば元気になれるんじゃないかな。
つまり、精神面でも免疫力アップできるんじゃないかと思うんです。
もしも、私が産んだ笑いで、誰かの心や体がちょっとでも
元気になれたとしたら・・・、あっはっは〜(^0^)
こ〜んな嬉しいことってないですよね〜♪」



伊東四朗一座、写真館

伊東四朗一座ハッピ☆
人間には3大欲求があると言われていますが、この度私は4大欲求へと進化しました。
あ〜、またこのハッピが着たい!その名もハッピ欲。
終わってしまった今、このハッピが恋しくてしかたありません。
(注)色落ちするので他のものとは一緒に洗わないで下さい。

池辺愛の化粧前
今回、化粧前にはお気に入りのこの伊香保染めのハンカチを広げてみました。
(注)写真を撮るために、きれいにお片づけしたのでは、決して、ありません!

シルエットだけだったけど
あの、若草ひかる(ゲスト)のシルエット役のとき、実は・・・こんな衣装だったのでございます。
シルエット&声のみだったので、だ〜れもこの衣装をみることはありませんでした・・・。
(注)決してピアノの発表会ではありません。

着到板
楽屋入り口にある着到板。
キャスト&スタッフの出欠を確認するためのボード。
こんなすごいメンバーの名前が並んでいる中に私の名前も並んでるなんて......まるで写真みた〜ぃ。
(注)はい、写真です。
おまけ:プリン好きな仲間達
ナンジャタウンで連日、伊東四朗一座に負けないくらい張り切って繰り広げられていたプリン博。
当然、SET女優陣(白土さん&丸山さん&鎌田麻里名ちゃん&わたくし池辺愛)は行かねばならぬという強い使命を感じ、潜入調査に行って参りました〜!
(注)この日、本番ぎりぎりまで実は胸焼けが続いていた、な〜んてことは決してありません。