M.Nから見た津川友美さんとケアンズの旅

「美穂の旅」「非まじめ旅行社」のM.Nです。今回は津川さんをはじめとするケアンズツアー参加者と6日間、行動をともにしました。ここでは写真を中心に、私M.Nの目から見たケアンズツアーのエピソードをご紹介します。

M.Nから見た津川友美さんとケアンズの旅

この写真は帰国直前、ケアンズの空港でホットドッグを食べるユウスケ君です。でもこのホットドッグ、実は津川さんが食べ切れなくて24時間「欠食児童」状態のユウスケ君にあげた、食べかけなのです!

でもユウスケ君、恥ずかしがってなかなか口にしない!(間接キスだもんね!)だから私M.Nにも「ほんとうは食べたいんでしょう!?」と聞いてきます。

でもしばらくしたらちゃんと食べていました。やった!ユウスケ君もこれで少しは大人になったぞ!・・・・でもちょっと羨ましい。もらって食べればよかった・・・・後悔

M.Nから見た津川友美さんとケアンズの旅
  

今回の旅では皆、よく食べました。大食いの私M.Nも食べました。そして津川さんに例えば「アイス、食べる?」と聞くと、必ず「はい!食べます!」と答えるのです。実に楽しそうに食べます。でも不思議と痩せています。本当に不思議です。
 

夜10時頃、脚本家の森本結さんから私M.Nの部屋に電話がかかってきました。「M.Nさん、明日の朝食、どうなっています?津川さんが朝食のことが気になって眠れないっていうんですよぉ・・・」
 

そうなんです、津川さん、朝食「!」なんだそうです。本当によく食べます。楽しそうに食べます。

M.Nから見た津川友美さんとケアンズの旅

そんな津川さん、お酒が好きで、飲むととても明るくなります。しかし、好きなのにあまり飲みません。

右の写真は成田空港で出発を待っているときの写真です。ビールを持っているのは森本さんです。森本さんはビールが大好きで、よく飲みます。でも津川さんは多分飲みたいんだろうけど、じっと我慢・・・・(飲んでいるのはコーヒー)

どうも好きなお酒を飲まないのはウエイトコントロールのためみたいです。うぅ、女優魂

M.Nから見た津川友美さんとケアンズの旅
 

左の写真はツアーに参加したユウスケ君(もうすぐ17歳)のスケボーです。サインはもちろん津川さんのものです。このサイン、ひらがなで「つがわ」、漢字で「」、そしてローマ字で「mi」とあります。なかなか独創的なサインです!小学生のときに考えたそうですから、凄いと思います。

ちなみに右は2004年5月24日発売の「DUCATI Magazine」2004年7月号です。表紙は津川さんです。ほとんどノーメイク!!!
      

はい、ひょうきんな津川さんです。右はつり橋をぴょんぴょん跳ねながらわたっているところで、前を歩いている森本結さんは「キャーキャー」と悲鳴を上げていました。

そんな津川さんですが、エッセイを最近書き始めたり、自分のラジオ番組の構成を考えたりと、努力家でもあります。本人は器用貧乏といっています。

そして英語もけっこうできるんです。英語の勉強もかなりしているらしいです。偉い!

M.Nから見た津川友美さんとケアンズの旅
   

左の写真の右の女性は脚本家の森本結さんです。森本さんは津川さんのルームメイトなんです。二人は仲がよくて、いつもしゃべっています。よくも飽きない!と思うくらい話しています。帰りの7時間以上のフライト中もしゃべってばっかりでした。よくネタが尽きないものだと関心です。男の私、M.Nには理解できない・・・・

M.Nから見た津川友美さんとケアンズの旅
   

津川さんとユウスケ君はグリーン島でダイビングのレッスンを受けたのですが、その直前のグラス・ボットム・ボートのツアーの出発が遅れて、レッスンに遅刻!あわててウェット・スーツに着替えたのですが、サイズが合わない!結局3回もサイズを変えて、やっときることができました。その間周りには「きゃーーーー!ガハハハッハーーーーー!ワハハハハハハハ!」という奇声が響き渡っていたのでした。はい、津川さんはとてもにぎやかなのです。ピンチにあってもにぎやかなんです。

M.Nから見た津川友美さんとケアンズの旅
    
ポートダグラスではパラグライダーに挑戦したのですが、津川さん、実は水着を持参していませんでした。でもパラグライダーをやると決めたら、ツアーデスクのすぐ近くにある水着ショップで速攻で水着を購入。なんとその間10分!そう、津川さんの買い物はいつも早いのです。