幸せを求めて三千里
N山の幸せはどこに?!

§プロローグ〜出会い§
去年の年末、面白ニュースなどを担当しているN山は出会いを求めてクリスマスパーティに参加しました。そこで素敵な女性と知合いました!
こういうときのためにまだまだ使える携帯を赤外線対応のものに機種変してよかった〜とほくほくしながら連絡先を交換したのです・・・

彼女はパーティの中では愛想が良く「手相を見ましょうか?」と言うと「えー面白そう、見て見て!」とノリも抜群!
手相を口実に散々手を握り「俺に気があるのかな?」などと甘ったれたことを妄想しつつ、後日女性にメールを出すと返事が来ました。

やった!と大喜びしたN山でした。


■旅先にて

彼女からの返信をもらったN山は年末年始の関西へのケチケチ旅行の間もニヤケっぱなし。

無料の足湯でも、彼女のことを思いながら入る足湯は格別!
身も心も芯から温まりますぅ!!!

さすがにケチなN山も彼女にお土産を買いました。(ちなみに480円のおせんべい)

※神戸の有馬温泉→

東京に戻り、メールをすると
「お茶でもしながらおしゃべりしたい」と、彼女から嬉しい返信。
いやっほー!!!」と大喜びしつつ、お土産を買ってきたことをメールすると彼女からも「嬉しい」との返信。

いよいよ「俺にも春が来たか〜」と思うと、過去の苦しかった日々が走馬灯のように頭の中を流れ、携帯の画面も涙で曇って見えません。




そしてそして、ついに都内某所にて、念願かなってデート!

お茶だけで2時間おしゃべりし、話も盛り上がりました。
お茶だけだったので費用も安く済み、二重に嬉しいデートでした。

彼女も「不景気の時ならあたしも働いて家計を助ける」などと殊勝な発言。なんていい子なんだとN山の目頭も熱くなりました。


と こ ろ が





「いや〜いい子だったなぁ」
と、トキメキさめやらぬまま、デートのお礼をメール。

その返信が、これ→

ガビ〜ン! な、な、なんじゃこりゃ〜
あ、あ、怪しい・・・怪しすぎる。
写真は実物です。イメージではありません。

友達にこのメールを知らせると・・・

「美人局じゃないの?」
「完璧あやしいね、だまされないように気をつけてよー」
「常識ある人はいきなり『お金の運用』の話はしないと俺は思う」

はい・・・・ごもっともです。
ひ、ひどい、ひどすぎる〜
N山の涙が止らない

そして、N山の自分探しの旅は今日も続く・・・