活性酸素を止めて老化しない体を作ろう


DNAはアデニン、グアニン、シトシン、チミンという4種類の物質が配列した二重らせんである。4つの物質は塩基と呼ばれている ものである。
4つの塩基の並び方は遺伝情報を伝える暗号である。
遺伝子(DNA)を形成する核酸を酸化させて変質させ、がん細胞などを発生させる

鉄棒を思い浮かべて欲しい。鉄棒は古くなると表面が赤くサビつき、ボロボロになる。これは、鉄が酸素と反応して酸化鉄に変化した ためだ。

人間も「サビる」と皮膚の皺、白内障、関節炎、認知症、生活習慣病の原因となる。


老化に悩むマリオ次郎

さて、マリオ次郎は最近老化に悩んでいた。
活性酸素がDNAを傷つける?!…活性酸素を何とかしたい。

そうだ! 酸素を止めればいいんだ!!!




1分でも老化を止めたい!
酸素を吸いたくない!



数分後


やり過ぎでぐったりしてしまったマリオ次郎。
ごみ箱の隣で倒れている姿が痛々しい。



※よい子の皆さんにお願い。決してこんなアホなことはしないようにしましょう。