ケチケチ大作戦
GW、夏休みも得しよう!

弁当男子がオフィスに増え、防衛策を皆さん講じていることと思います。旅行に行きたいけど、あまり金を使いたくない。そういう人向けの旅行を調べました。



飛鳥寺(奈良県)
かの有名な蘇我馬子が建立した日本最古のお寺
筆者が以前青春18きっぷで東京から訪れました。
■青春18きっぷ
発売期間:春休み、夏休み、冬休みの時期。
青春18きっぷ1枚で、JRの普通、快速列車乗り降り自由で1日乗り放題。
JRグループのホテルが割引される場合があります。

まずは、貧乏旅行の定番青春18きっぷです。例えば、東京〜京都へ行くのに新幹線でもいいですが、青春18きっぷを使って熱海で温泉に入り、静岡で車窓から富士山を眺め、近江八幡で近江牛を食べたりしながら行くこともできます。
地方の古びた駅で降り、駅前に畑が広がっていたり、目の前に山脈が見えたり、知らない婆ちゃんに「いい塩梅ですね」と挨拶されたりするのも楽しいものです。

「青春18」という名前から学生専用と思っている人も多々いるようですが、実際には年齢制限はありません。

■北海道&東日本パス
発売期間:春休み、夏休み、冬休みの時期。(大体青春18きっぷとかぶります)
基本的な規定は青春18きっぷと一緒で、JRの普通、快速列車乗り降り自由(一部例外あり)

青春18きっぷと異なる点
乗車できるのがJR北海道とJR東日本。
有効期間は利用開始日から連続5日間で、1枚を複数人で利用することはできない。その分青春18きっぷより安い。

これにより、片道5000円で東京から北海道に行けます・・・大変ですが。

泣く子も黙る函館の路面電車




かの有名な道後温泉
■四国バースデイきっぷ
発売期間:通年
誕生月に3日間1万円で、JR四国の特急列車・普通列車のグリーン車・普通車指定席・普通車自由席乗り放題。
友達も同じ料金で乗り放題。
JRバスも乗車可能。

誕生月の本人だけでなく、友達も一緒に割引で乗れるのがポイントです。高知の竜馬ゆかりの地、松山の道後温泉に行った後、好きなだけ阿波踊りを踊ることができます。(^^)

■大回り
JRには「大都市近郊区間」というのがあります。多くの路線が入り乱れている大都市では運賃の計算を簡単にして、労力を省くというものです。
例えば、山手線で池袋〜大塚を一駅で行くこともできれば、反対回りで山手線をほぼ一周して行くこともできます。一駅で行っても反対回りで行っても初乗り料金です。
それをもっとぶわぁーと広げて電車に乗ることが可能です。
これは安い!

ただし、ルールがあります。
・移動は「大都市近郊区間」内である。
・1日で回ること。
・途中下車はできない。
・同じ駅を2度通れない。行路は一筆書きで。

関西地方であれば「大阪近郊区間」を利用して、初乗り料金で琵琶湖一周を楽しむことができます。
筆者は以前琵琶湖一周をしたことがありますが、少し進んでは終点、次の電車が来るのは1時間後というダイヤだったので、結構疲れました。今は快速があるので、その点は楽ちんだと思います。

関東では、最近千葉県内で「東京近郊区間」が拡大され、大回りで房総半島一周することが可能になりました。