MNPで損をした


去年、マリオ次郎が携帯をMNPしてホクホク顔で
「儲かったぁ、得したぁ」と喜んでいたことは別ページにて紹介しました。
マリオ次郎の喜びようは、営業のO川をして
「これほど次郎さんが生き生きとしているのを見たことがない」と言わしめるほどでした。

一度カミさんがやらずもがなの通話料700円を使ってしまったことがありました。 本当に必要だったらもちろんいいのですが、無料で済むはずが700円かかってしまったので、 マリオ次郎は平身低頭、通話料金の仕組をカミさんに説明し、毎月の通話料も無料通話の範囲内と決め、極力料金を抑えていました。
それ以来マリオ次郎のひそかな楽しみは、一人誰もいない暗〜い部屋で、携帯の請求書を見てニヤニヤしながら
「今月も500円ちょっとの支払で1000円近く通話してやったよ。得したよ、もと取ってやったよ」と独り言を言うことだったのです。

マリオ次郎の普段の携帯の請求額
(下記+ショートメールが10円くらい)
料金名 料金 備考
プランSS 980円 無料通話1050円付
ISNET 315円  
W定額 2100円 下限
ユニバーサル 5円  
WEBde明細 -21円  
毎月割 -2845円  
毎月の支払額小計 534円  

 危うく大損するところでした!

さて、そんなある日のことでした。
マリオ次郎は携帯の請求書を見てビックリ! その驚きようは口から心臓が飛び出し、慌てて飲み込んで押し戻したほどです。
マリオ次郎の携帯のパケ代がダブル定額の上限5,985円(税込)に達してしまったのです。
ダブル定額の下限が2,100円だからマリオ次郎は3,800円以上も損をしてしまったのです。
もしもダブル定額のオプションを付けていなかったらパケ代は57,897円になるところでした。







この恐ろしい事実に
「ど、どういうことだ〜!!!」
と手をブルブル振るわせ歯ぎしりをしながらサポートに電話。興奮しているためスマホが仲々タッチを認識してくれない。






サポートに電話するとマリオ次郎は「3G回線でデータ通信」をしていたことが分りました。 確かに使う必要があり接続しました。必要なだけ使い、終ったらすぐ回線切断する予定だったのが、 うっかり切断するのを忘れてしばらくの時間繋ぎっぱなしにしていました。 そのため必要ないデータ通信が実行されてしまい、パケ代が嵩んでしまったのです。
結局悪いのは自分でした。

マリオ次郎は普段から社内で蛍光灯をつけっぱなしにして、その度に皆から注意され顰蹙を買っています。 その天罰が下されたのでしょう。


パケ代が異常にかかっている! ムキー!!!







「全く冗談じゃねーよ。ちょっと使ったくらいでパケ代いっちゃったよ」
「3G回線を切り忘れたくらいでふざけんなよ」
自分のミスを棚に上げ、不平不満を並べ、携帯会社を非難するマリオ次郎。

サポートの担当者様、大変ご迷惑をおかけしました。
m(_ _)m





 会社では強いが、家ではだらしないマリオ次郎


 


会社では散々悪態をついても家に帰れば、恐〜いカミさんが・・・
「あーた! 何ですかこの請求は!」

ううぅ、カミナリが待っている、どうしよう。

目に涙を浮かべ、頭を抱えるかわいそうなマリオ次郎を見かねてM.N(顔がちょん切れている)が愛の手を差し伸べました。
「次郎さんがかわいそうだから、これ上げるよ」





M.Nが渡したものは・・・
近所の弁当屋でもらったメンチカツコロッケ1個プレゼント券でした。

マリオ次郎は
「落ち込んでいるときにさぁ、こういうのくれてもさぁ、ビミョ〜だよね」とかケチを付けつつ、しっかり受取っていました。