【Google Chrome】 CoolNovoでも「直子の代筆」 【兄弟ブラウザ】


最近、Google Chromeがシェアを伸びています。何と言っても速度が速いのがウケており、Firefox、 Google Chromeともに約20%でほぼ並んでいます。
外国ではGoogle Chromeが既にFirefoxを抜かしている国もあります。

でもGoogle Chromeには「サイドバー」がありません。
「んなもんどうでもいいよ〜」っていう人にとってはどうでもいいものですが、
「これが大切なんだよ!」という人にとっては大切なものです。


 インストール


赤枠がサイドバー

Google Chrome は元々 Chromium と呼ばれるオープンソースプロジェクトで開発されたブブラウザをもとに開発されており、 Chromium に Google の機能などを追加したものです。
レンダリングエンジンは Webkit を使っており、Webkit を使った兄弟ブラウザは下記のようにいくつか出ています。

CoolNovo(旧ChromePlus)
・SRWare Iron
・Comodo Dragon

上記兄弟ブラウザの内でCoolNovoにサイドバーの機能が付いています。
CoolNovoにはGoogle Chrome のすべての機能に加え、マウスジェスチャー、スーパードラッグ、IE タブといった様々な便利な機能が 最初から搭載されており、インストールした時点で高度なブラウジングが可能です。
また、日本語にも対応しており、別途日本語パックをインストールする手間もありません。

CoolNovo ダウンロードはこちらから



 直子の代筆をCoolNovoにインストール



CoolNovoを起動し、「直子の代筆」のサイトにアクセス!
Google Chrome用の「直子の代筆」をインストールしてみました。
これでCoolNovoで「直子の代筆」をお使いになれます。
面白メニュー、「直子の代筆」で文書作成、WEB検索、ページ内検索と一通りうまくいきました。

「直子の代筆」Chrome版はIE版やFirefox版と違って、画面が大きいのが特長です。