Firefox高速化

 アドオンをUserScriptで置き換え


アドオンオタのFirefoxアドオンメニュー
Firefoxの起動が遅い。動作が重いと言われる原因の1つにアドオンがあります。 Firefoxが支持された最大の理由はアドオンを自由にインストールして、自分好みにカスタマイズできることが挙げられますが、 あまりいくつもアドオンを入れると重くなってしまうという困ったことになってしまいます。
例えば、広告をブロックして動作を軽くしようというアドオン「adblock plus」。 「Tab Mix Plus」などと並ぶ定番アドオンですが、「adblock plus」自身も重く、 Firefoxを遅くさせるアドオンの1つ」として発表されてしまいました。

そして、最近Firefoxは軽量・高速のGoogle Chromeに押され気味という悲しい状況です。

userChrome.jsというアドオンをインストールし、アドオン機能をJavaScriptに置き換えるとFirefoxの高速化が図れます。

私も一時20個以上のアドオンを入れていましたが、UserScriptに置き換え、半分くらいまで減らすことができました。 Firefoxが速くなった気がします。
(^^)V

【重要】「アドオン使わないのが1番速いだろ」は禁句です。

 置き換えの準備

まずは、Firefoxのアドオン「userChrome.js」をインストールします。
userChrome.jsのインストールについてはこちらをご覧ください。

userChrome.jsのインストールが完了したら、下記のフォルダにUserScriptをコピーします。(Windows7の場合)
C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\<乱数>.default\chrome

 置き換え可能なアドオン

広告ブロック
adblock → adblock#.uc.js
インストールした後、Firefoxのロケーションバーに
about:config と入力し、設定画面を開き、「検索」欄に
adblock#.observerStarted と入力し、値をクリックして
false とし、Firefoxを再起動します。再起動後、広告ブロックの機能が有効になります。
使っている間になぜか値がtrueになってしまうことがあるので、その場合は再度falseに設定します。


キーカスタマイズ
Keyconfig → KeyChanger.uc.js
キーカスタマイズを行うには直接 _keychanger.js を編集します。編集が終ったら、Firefoxの
メニュー - ツール - Reload keychanger script
をクリックします。


マウスジェスチャー
Firegesture → MouseGestures.uc.js
個別機能のスクリプトはこちら


サイドバー
All-in-one Sidebar → VerticalToolbar.uc.js
以前は確かにVerticalToolbar.uc.jsがあったのですが、リンク切れになってしまいました。 UserScriptはこういうこともあるのでご注意ください。運が良ければいつかどこかで復活するかもしれません。


タブバー上のホイール回転でタブ移動
Tab Wheel Scroll → TabWheelScroll.uc.js


選択文字列を自動的にクリップボードにコピー
Autocopy → AutoCopyLite_1.0.1.uc.js又はautoCopyToClipboard.uc.js
Autocopyのオプション機能で「中クリックで貼り付け」があります。この機能は下記のUserScriptで対応可能です。
Middlemousepaste.uc.js


リンクをドラッグアンドドロップで指定した動作を実行
Drag de Go → DragNgoModoki_Fx3.7.uc.js


自動でページ送り
AutoPager → uAutoPagerize.uc.js


Tab Mix Plus関連
CloseLRTabs.uc.js 左右のタブを全て閉じる
OpenNewTab.uc.js 新規タブで開く
CopyTabInfo.uc.js タブのタイトル・URLをクリップボードにコピー