文書型データベース&人気メールソフト

Mozilla Foundationが出しているメールソフト Thunderbird にはメール全体を検索するグローバル検索、任意のフォルダ内を検索するクイックフィルタがあります。

しかし、グローバル検索はなぜか検索結果が正しくないことが割りと頻繁に起ります。WEB検索すると「Thunderbird のグローバル検索がおかしくなった」という質問がヒットします。その場合はThunderbirdのフォルダ内にある
 global-messages-db.sqlite ファイル
を削除します。Thunderbirdを起動するとこのファイルは自動的に作成され、また正常にグローバル検索できます。但し、メールが多くなってくるとファイル作成に時間がかかり、すぐにグローバル検索やり直しというわけには行きません。

私は定期的にglobal-messages-db.sqlite ファイルを削除していますが、それもめんどいです。

そこで、バックアップも兼ねて週に1回Thunderbirdのメールを「知子の情報」に登録しています。

手順

  1. Thunderbirdにアドオン「ImportExportTools」をインストール。
  2. 「知子の情報」に登録するメールが保存されているフォルダ右クリック → ImportExportTools → 各メールを個別のプレーンテキストファイルとして出力
  3. 「知子の情報」を起動し、知子ファイルを開く。
  4. 「知子の情報」のメニュー ツール → テキストファイルの連続登録
  5. Thunderbirdで出力したテキストファイル全部選択 → 登録。

これでThunderbirdで送受信したメールを「知子の情報」にバックアップを取り、かつ便利に検索することができます。