Stick型PC + Wifi ルーターで自宅サーバーを立ち上げる



上 - Waffle Cell Stick
下 – Wifiルーター

現在好評発売中のWaffle Cell Stickを自宅に置き、サーバーとして使ってみることにしました。但し、私は光回線の契約などはしておらず、Wifiルーターの契約があるだけです。なので光回線ではなく、Wifi ルーターでサーバーを立ち上げることにしました。

グローバルIPアドレスの契約

自宅でサーバーを立てるにはグローバルIPアドレスの契約が必要です。私が使用している UQ Wimax2は約100円/月でグローバルIPアドレスのオプションを付けることができます。

約100円/月なら安い!

グローバルIPアドレスの設定

Wifiルーターに接続しているローカルPCで、設定画面を表示します。

設定画面が起動したらグローバルIPアドレスの設定を行います。(設定画面の起動の仕方、画面内容は各Wifi ルーターによって異なります)

あとはWaffle Cell StickでもWifi ルーターの接続をするだけです。

たったこれだけで、Waffle Cell Stickが自宅サーバーとして、立ち上がりました!
立ち上がった後はWaffle Cell Stickをディスプレイから外します。

VPN接続

わりと簡単にWaffle Cell Stickが立ち上がったので、ネットワークの外部にあるローカルPCからVPN接続を試みましたが、なかなかうまく行きませんでした。

理由は分りません。ユーザー名・パスワードが正しいかイロイロ確認しましたが、うまく行きません。(涙)

結構長い時間あーでもないこーでもないをやった後、ローカルPCを再起動したら、あっさりVPN接続できました。

恐るべし、コンピューターの世界か・・・(笑)