無線マウス・キーボード

Waffle Cellを外に持ちだそう!(2)で、「USB対応キーボード付ケース」を使って、Waffle Cellを外に持ちだすことに成功し、
Waffle Cellを外に持ちだそう!(3)で、英語もペラペラになりました。

いいことずくめのWaffle Cellですが「USB対応キーボード付ケース」にはマウスが付いておらず、キーボードでマウス操作を全部やるには無理があり、やはりどうしてもマウスが欲しいときがあります。

そこで無線マウス・キーボードを購入しました。
BluetoothマウスだとWifiと干渉してしまう → ネット接続できない、となってしまいましたが、無線マウスであれば干渉が起りません。


赤丸の部分はレシーバーです。アップにします。白いのがレシーバー、使わないときはマウスをパカッと開けて中にしまうことができます。"GOLF"と記載されているのがUSBをマイクロUSBに変換するアダプター。



これはかなりいい!

レシーバーはマウス・キーボードにあらかじめ付属しているものなので、ペアリングだなんだと設定する必要なく、挿してそのまま接続できました!

普段デスクトップで無線マウス・キーボードを使っているのであれば、変換アダプター(上記で言えば"GOLF")で使い慣れたマウスを外でも使うことができます。

お値段も

また、買物するときの最も重要ポイントであるお値段も無線だとマウス・キーボードセットで2000円切るものがありますが、Bluetoothだとキーボードだけで3000円くらいします。