Windows7 Ubuntu9.10 デュアルブート
Ubuntuオタのジョナサンに唆され…

Ubuntuオタのジョナサンに唆され、元々Windows7の入っていたPCにUbuntu9.10をインストールし、デュアルブートにしました。Ubuntuのインストールは簡単にできました。

500GBのHDDは250GB×2にパーティション分けしましたが、仕事の関係上Windows7を使うことがほとんどです。あまり使わないUbuntuに250GBものHDD容量を与えていることがもったいなくなり、パーティションを変更することにしました。

Windows Ubuntu パーティションリサイズ

Ubuntuをインストールするのに使ったUSBメモリでPCを起動。

自分のPCでは最初、USBメモリから起動できなかったので、起動画面でF2を押し、設定画面表示。
USBメモリでのブート可に設定。

Ubuntu上で、アプリケーション→アクセサリ→端末 とクリック。
端末画面で以下のコマンドを実行。

sudo gparted

Ubuntuの領域で右クリック−リサイズ/移動 を選択。
ガイドをドラッグして領域を空ける。かわいそうなUbuntuの領域は250GBから50GBへ。
未割当ての領域が200GBできるので、右クリック−新規を選択し、FAT32でフォーマットする。
この領域がWindows7のDドライブとなり、かつUbuntuでもアクセスできる領域となる。

ヤッター! うまくいった!

欲が出てきて…
起動時の画面でWindows7をデフォルトに設定

PCをWindows7 と Ubuntu9.10 のデュアルブートにしたのはいいのですが、PCリセット後の起動OSのデフォルトはUbuntuになっています。
↓を押してWindows7を選択しエンターを押せば済むのですが、毎回それやるのはメンドイ・・・。ということで、起動時の画面でWindows7をデフォルトに設定しました。

Windows Ubuntu 起動画面変更

PCの起動画面。Ubuntuがデフォルトになっている。


Ubuntuを起動し、端末で下記を入力。

sudo gedit /etc/default/grub

geditが開くので、デフォルトのカーソルを6行下げるという意味で

GRUB_DEFAULT=6

と変更し、保存終了、PCリセット。

ヤッター! うまくいった!

これでWindows7がデフォルトになっているはずです。
PCによっては行数が異なるので、その辺は調整してください。

旧バージョンのUbuntuでは menu.lst を変更する形になっていたようですが、
Ubuntu9.10では menu.lst はありません。


※2010年4月現在
修正変更は全て自己責任でお願いします。
テグレットは一切責任を負いません。