MemoTDB (Waffle Cell対応)ヘルプ


特長
インストール
アンインストール
取扱い可能ファイル
データベースの編集
lmdファイルの編集
テキストファイルの編集
検索
削除
キーカスタマイズ
添付ファイル
おまけの機能
メニューバー・ツールバー・検索バー機能一覧






◎特長

  1. MemoTDBは、文書やファイルをデータベース化して管理します。
  2. Waffle Cell(※)に対応した「クライアントサーバー型」のアプリケーションです。
    Waffle Cell上でMemoTDBを使用することでMemoTDBの最大限のパフォーマンスを引出すことができます。
  3. Waffle Cellとは関係なく、ローカルHDD上使うこともできます。
登録可能なデータは文書(文字情報)が基本になりますが、
添付機能を使えばファイルであれば何でも登録する事が出来ます。 

【使い方の例】

メールや挨拶状など、主に文書を登録し、出先や自宅、会社で
「去年鈴木工業さんに出した見積書を確認したい」

『鈴木工業 見積書』で検索すると
「鈴木工業宛の見積書」
が検索され、画面表示されるというものです。

文書以外にもファイルならば添付ファイル機能で登録可能なので、
ワードやPDFなどで作った見積書を添付したり、
写真、音楽、動画ファイルなどを管理することも可能です。

※「Waffle Cellって何?」
という方はWaffle Cellの紹介ページをご覧ください。


◎インストール

  1. 「お手元のローカルPC」でブラウザを起動し、自分のWaffle Cellのトップページにアクセスします
     http://l.<ホスト名>.wafflecell.com/
     ※ホスト名の前はエルドット。(例 http://l.example.wafflecell.com)
  2. 画面右のサイドメニュー → 「管理ページ」で、Waffle Cellの管理ページを開く。
  3. 「管理者ユーザー名」「管理者パスワード」を入れてログイン
    分野選択「その他」 → 「MemoTDB Windowsクライアント」クリック。
  4. 「MemoTDB Windowsクライアントのダウンロード」をクリックし、MemoTDBのインストールプログラム(MemoTDB Setup.msi)をローカルPCの任意のHDDにダウンロード。

  5. 通常のWindowsアプリケーションソフトと同じ要領で、
    MemoTDB Setup.msiを実行 → インストール。

◎アンインストール

コントロールパネルのプログラムと機能から、
MemoTDBをアンインストールしてください。

◎取扱い可能ファイル

MemoTDBは次の3つの種類のファイルを扱うことができます。
ファイル形式
説 明
データベースファイル データベースファイルは、Waffle Cell上とローカルのどちらかに作成できます。
Waffle Cell上にデータを置けば、ネットに接続できれば、自宅、会社、出先のどこからでも同じデータにアクセスできます。
テキストファイル メモ帳で扱える一般的なテキストファイル(行間設定や文字飾りのない、文字だけのファイル)です。


◎データベースの編集

MemoTDBは「クライアントサーバー」に対応したデータベースです。

○クライアントサーバー型データベースの特長

クライアントサーバー型のデータベースとは、
データと検索の機能をサーバー上に置き、
PCには検索結果だけ送るタイプのデータベースです。
体感的には自分のPC上にファイルとプログラムがあるのと変わりません。

インターネットを介したVPN接続で使った場合も、
非常に高速に作業が出来るのが特徴です。

○データベースの開き方

Waffle Cellに接続し、
MemoTDBを起動します。
ファイル(F)−開く(O)−Waffle Cell DBを開く
ダイアログが開きますので、
下記の項目を入力してください。


・接続先ホスト名 例:l.example.wafflecell.com
・ユーザー名 例:suzukitaro
・パスワード 例:1234

【注意】
接続先ホスト名は、
 "l." + "インターネットアドレス"になります。
"l."はローカルの意味です。

例えば.....
suzuki.wafflecell.com がインターネットアドレスであれば、
l.suzuki.wafflecell.com が接続先ホスト名になります。

sato.wafflecell.com がインターネットアドレスであれば、
l.sato.wafflecell.com が接続先ホスト名になります。

※「インターネットアドレス」はWaffle Cellのインターネットアドレスです。Gmailなどのメールアドレスとは全く別物です。
インターネットアドレスは Waffle Cellを導入したとき に割り振られます。

3つの項目を正しく入力すると、データベースファイル選択ダイアログが開きます。

※下図の例では、
「データベースファイル(テーブル)選択」
にいくつかファイル名が出ていますが、
新規に導入した場合はここは空白になっています。


既存のデータベースファイルを選ぶ場合
一覧の中から選択します。
ドライブ名やフォルダ名を指定する欄はありません。
上記の入力例でデータベースファイルを開くと、
タイトルバーに下記の表示が出ます。
l.example.wafflecell.com.suzukitaro.fax


新規にデータベースファイルを作成する場合
新規作成ボタンをクリック、
ボタン左のテキストボックス
「新規データベースファイル」欄にデータベースファイル名を入力、
新規データベースファイルを作成します。

例「メール」「data」等。


開く手順の簡略化
データベースファイルを開く場合、
ファイル(F)−開く(O)−Waffle Cell DBを開く(W)
とクリックし、
 1.接続先ホスト名
 2.ユーザー名
 3.パスワード
を入力した後、
 4.データベースファイル名をクリックして、
目的のデータベースファイルが開きます。

毎回同じデータベースファイルを開くのであれば、
上記1.2.4.の操作を省略することができます。
(3.はパスワード入力なので省略できません)

メモ帳などで拡張子mtbのファイルを作ります。
主ファイル名(ドットより前の部分)は好きな文字列を指定できます。

例えば、test.mtbというファイルをメモ帳で作ります。
内容を下記のようにします。
1行目はおまじないのようなものとお考えください。
//--*MemoTDB--*//
h=<接続先ホスト名>
u=<ユーザー名>
f=<データベースファイル名>


例:
//--*MemoTDB--*//
h=l.test.wafflecell.com;
u=suzuki;
f=kokyaku;
※ 2〜4行目の行末に ; (セミコロン)が入ります。

エクスプローラで、test.mtbをMemoTDBにドラッグアンドドロップし、
パスワード入力ダイアログにパスワードを入れてください。


これで、test.mtbに設定されているデータベースファイルが開きます。
2回目以降は、ファイル履歴から「test.mtb」をクリックすれば、
エクスプローラを開く手間が省けます。

○新規入力

データベースファイルを開いた直後は「新規入力」画面になります。
データベースファイル内の既存文書を開いた後で、
ファイル(F)−新規作成(N)
をクリックするとタイトルバー上に
「データ数 ***」
と表示され「新規入力」画面になります。

○保存

・新規に保存
「新規入力」画面で文書入力し、
ファイル(F)−上書き保存(S)
をクリックすると、
データベースファイルの末尾に表示中の文書が追加登録されます。

【例】

既存のデータが10件ある状態で新規入力画面で追加登録すると、
新規データは11件目として登録されます。

・上書き保存
データベースファイル内の既存文書を表示 - 編集した後、
ファイル(F)−上書き保存(S)
をクリックすると上書き保存されます。

○データベースファイルの削除

データベースファイルそのものを削除する方法です。
Waffle Cellに接続し、
MemoTDBを起動します。
ファイル(F)−開く(O)−Waffle Cell DBを開く(W)
ダイアログが開くので、下記の項目を入力します。
 ・接続先ホスト名 
 ・ユーザー名 
 ・パスワード
データベースファイル選択ダイアログが開きます。
削除したいデータベースファイル名を選択し削除ボタンをクリックします。
確認のダイアログが出るので、
よく確認の上、削除してください。



※MemoTDBのデータベースファイルはエクスプローラでは削除できません。
lmdファイルやテキストファイルはもちろんエクスプローラで削除できます。

○lmdファイルとの違い

データベースファイルは必ずWaffle Cell上に作成され、
データベースファイル一覧ダイアログから選択して開きます。
Dドライブの○○フォルダの下の××というファイルを選択・・・という形ではありません。

lmdファイルはローカルHDD(ドライブ名が割り当てられたWaffle Cell上のHDDも含む)上に作成されます。

エクスプローラによるファイル単位のコピーや削除ができません。
エクスプローラ上で拡張子が関連づけられたファイル名をダブルクリックして
ファイルを開くということもできません。

データベースファイルを開く時にユーザー名・パスワードを入力するので安全性が高いです。

○クライアントサーバー型データベースに詳しい方へ

本ソフトウェアでは一般ユーザー様が理解しやすいよう、
テーブルやレコードという用語はなるべく使わないようにしています。

テーブルの代りにデータベースファイル、
レコードの代りにデータという用語を使用しています。

ご了承ください。


◎lmdファイルの編集

lmdファイルとはMemoTDB専用のファイル形式で、
必ずローカルHDDに保存します。
1つのファイル内に1万件以上の文書を登録可能です。

【lmdファイルのイメージを掴んでいただくための例】
Excelは1つのxlsファイルに複数のシートを登録できます。
MemoTDBは1つのlmdファイルに複数の文書(メール、挨拶文、見積書)を登録できます。

※登録できるデータの最大数
メモリ等、PCの使用環境にもよりますのでいちがいには言えませんが、
ファイルにエラーが発生することもありますので、
1万件を超えたら新規に別ファイルを作り、
その後は別ファイルにデータ登録するのがよろしいかと存じます。

○lmdファイルを開く

MemoTDBを起動し、
ファイル(F)−開く(O)−ローカルDBを開く(D)−ファイル名入力−選択クリック

※Waffle Cell上のHDDでも、
ドライブ名(EドライブとかFドライブとか…)が割り当てられていれば、
ローカルHDDとみなしてそこにlmdファイルを保存することができます。

○新規入力

lmdファイルを開いた直後は「新規入力」画面になります。
lmdファイル内の既存文書を開いた後で、
ファイル−新規作成
をクリックするとタイトルバー上に「データ数 ***」と表示され
「新規入力」画面になります。

○保存

・新規に保存
「新規入力」画面で文書入力し
ファイル(F)−上書き保存(S)
クリックすると、lmdファイルの末尾に表示中の文書が追加登録されます。

【例】

既存のデータが10件ある状態で新規入力画面で追加登録すると、
新規データは11件目として登録されます。

・上書き保存
lmdファイル内の既存文書を表示し、
編集した後
ファイル(F)−上書き保存(S)
をクリックすると上書き保存されます。

○lmdファイルの削除

エクスプローラで他の一般のファイル同様に削除できますが、
エクスプローラがファイルの「拡張子を表示しない」に設定されている場合、
分りにくいことになります。
下記の手順で、
エクスプローラが拡張子を表示するよう設定してください。

エクスプローラを起動し、
ツール(T)−オプション(O)−表示タブ
を選択します。
その中の「登録されている拡張子は表示しない」チェックをはずします。


◎テキストファイルの編集

MemoTDBを起動
ファイル−開く−テキストファイルを開く−テキストファイル名入力−開くボタン
クリックで、テキストファイルを読み込むことができます。

基本的な編集方法はメモ帳に準じています。

・文字コードボタン
画面右上に文字コードを示すボタンがあります。
クリックするたびに
 UNICODE→ANSI→UTF-8
とコードが変ります。
通常はUNICODEをお使いください。

文字コードがどれに設定されているかに関わらず、
編集中の文字列をコピーして、
メモ帳やブラウザの入力欄にそのまま貼り付け可能です。


◎検索

画面上部の検索欄に検索語を入力し、検索します。

○データベースファイルを開いている場合

検索欄左の↑↓をクリックすると、
検索語でページ内検索ができます。

「ブラウザ」ボタンを押すと、
検索語でWEB検索ができます。

「検索」ボタンを押すと、
表示中のデータベースファイルを対象にデータ検索を行います。

○lmdファイルを開いている場合

検索欄左の↑↓をクリックすると、
検索語でページ内検索ができます。

「ブラウザ」ボタンを押すと、
検索語でWEB検索ができます。

「検索」ボタンを押すと、
表示中のlmdファイルを対象にデータ検索を行います。

○テキストファイルを開いている場合

検索欄左の↑↓をクリックすると、
検索語でページ内検索ができます。

「ブラウザ」ボタンを押すと、
検索語でWEB検索ができます。


◎削除

○データベースファイル・lmdファイル共通

DB−削除
をクリックで、編集中のデータを削除できます。
削除したデータは復活できません。
ご注意ください。

データ削除をしても、
データと一緒に登録された添付ファイルはそのままHDDに残ります。

○添付フォルダの場所

・データベースファイルの場合
Waffle Cell DBを開く時、
例えば下記のように入力しているのであれば

・接続先ホスト名 l.sample.wafflecell.com
・ユーザー名 test

エクスプローラで下記のフォルダに保存されています。
ネットワーク\\l.sample.wafflecell.com\test\MemoTDB\<データベースファイル名>

・lmdファイルの場合
lmdファイルが保存されているフォルダに
<lmdファイル名>.atc というフォルダが作られ、
その中に添付ファイルが保存されています。

【例】

C:\TEGLET\MemoTDB\test.lmd の添付フォルダは
C:\TEGLET\MemoTDB\n.atc になります。
n.atcフォルダ内に添付ファイルが保存されています。

◎キーカスタマイズ

表示−オプション設定
でWindows標準からダイアモンドカーソルに変更可能です。
ダイアモンドカーソルの主なキー操作は下記の通りです。

 Ctrl+D→右
 Ctrl+S→左
 Ctrl+E→上
 Ctrl+X→下

手をキーボードのホームポジションから離さずにカーソル移動できるので、
一部の熱狂的なファンがいます。

キー割り当ての詳細につきましては、
ヘルプ−キー割り当てと機能一覧
をクリックしてください。


◎添付フォルダ

データベースファイル・lmdファイルを開いているときに使います。

DB−添付フォルダ
で画像ファイルなどを編集中のデータに登録することが可能です。


○使い方の例

スキャナーで取り込んだ新聞記事を添付フォルダに登録し、
編集画面に記事の説明や自分の考えを入力する。

契約書のPDFファイルを添付フォルダに登録し、
契約に立ち会った人の名前や注意事項を備忘録的に登録しておく。

○MemoTDBの簡単な説明

MemoTDBの簡単な使い方を説明します。
まず、開いて読んでいくことで使い方がわかるサンプルのファイルを用意していますので、それを開いて下さい。

サンプルファイルはsample.lmdで、
MemoTDBがインストールされたフォルダにあります。

このファイルを開いて、最初のデータを表示してください。
後は表示された内容に従って操作すれば、
基本的なところは理解できるでしょう。

基本的な使い方は.....

●データ入力
データ入力と言っても、
ワープロで文章を入れるのと同じです。
自由に文字を入力することが出来ますし、
コピーペーストなどで文字を貼り付ける事も出来ます。
ただし、ワープロのように文字装飾等は出来ません。

●データ保存
文字を入力したら、データを保存します。
保存ボタンを押すと、
表題とキーワードの確認ダイアログが表示されます。

ここで表題を修正したりキーワードを修正、追加することが可能です。
表題とキーワードに問題がなければ「保存」をクリックします。

●データ検索
登録されているデータから、
必要なデータを検索します。
検索対称は本文、表題、キーワードになります。

検索は非常に簡単で、
検索語入力ボックスに検索語を入れて検索ボタンを押すだけです。


●データ入力応用(添付機能)
文字情報以外のデータも添付機能で登録可能です。
ファイルになっているものであれば、
ワードやエクセル、画像ファイル、あるいはプログラムであれば
何でも登録する事が出来ます。

登録は簡単で、添付を登録したいデータで添付ボタンを押し、
開いたダイアログに添付するファイルをドラッグアンドドロップするだけです。

※添付ファイルの実体はどこにあるか。
添付されたファイルはデータベースファイルに格納されるわけではなく、
自分のsambaのフォルダに保存されます。

●添付機能で添付したファイルが保存される場所
添付機能で添付したファイルは、
以下のフォルダ内に保存されます。

Waffle Cell内のユーザ名と同じフォルダ内の「MemoTDB」内の開いているファイルと同じ名前のフォルダ。

データ毎にフォルダが作られますので、
例えば添付があるデータが100件あれば100個のフォルダが作られます。
MemoTDBでデータベースファイルを削除した際、
添付のデータは安全を考えて削除しないようになっています。
削除が必要な場合は手動で削除してください。


◎おまけの機能

●データ入力応用(アウトルックのメール取り込み)
アウトルックで送受信したメールを取り込み可能です。
取り込みは簡単です。
アウトルックで取り込みたいメールを選択し、
MemoTDBの画面にドラッグアンドドロップするだけです。

取り込むメールに添付ファイルがついている場合は、
前述の添付機能で添付ファイルも自動で登録されます。
メールを管理する場合、
便利と思います。

但し、あくまでおまけの機能なので、
今後メールソフトのバージョンアップや仕様変更により、
メール取込みができなくなる可能性もあります。

◎メニューバー・ツールバー・検索バー機能一覧

●ファイル(F)メニュー

開く(O) -  Waffle Cell DBを開く(W)
Waffle Cell上のデータベースファイルを開きます。
Waffle Cellに接続しないと Waffle Cell DBは開けません。

開く(O) -   ローカルDBを開く(D)
ローカルのデータベースファイルを開きます。

開く(O) -   テキストファイルを開く(O)
テキストファイルを開きます。

DBを閉じる(E)
データベースファイルを閉じます。

新規作成(N)
データベースを開いている時は、新規データ画面に、
テキストファイルを開いている時は新規のテキストファイルの画面になります。

上書き保存(S)
データベースファイルを開いている時は、
現在のデータを保存します。
テキストファイルを開いている時は現在のデータを開いているファイルに上書き保存します。

名前を付けてテキストへ保存(A)
現在表示している内容を、テキストファイルに保存します。

印刷(P)
印刷ダイアログを開きます。

印刷プレビュー(V)
印刷プレビューをひらきます。

プリンタの設定(R)
プリンタの設定ダイアログを開きます。

メール送信(M)
OutlookなどのMAPIに対応しているメールソフトでメールを送信します。
本文はデータ画面に表示されているものがそのまま、
タイトルには登録されている表題がそのまま、
また添付フォルダが登録されている場合はその内容が添付ファイルとして添付されます。

テキストファイルを開いている場合はこの機能は使えません。
対応していないメールソフトでは使えません。

開いたファイルの履歴
開いたファイルの履歴を表示します。
履歴はテキストファイルとローカルデータベースファイルのみが表示されます。

MemoDBの終了(X)
MemoDBを終了します。


●編集(E)メニュー

元に戻す(U)
一つ前の操作に戻します(アンドゥ)

切り取り(P)
範囲指定された内容を切り取ります。

コピー(C)
範囲指定された内容をコピーします

貼り付け(T)
コピーした内容をカーソル位置に貼り付けます

削除(D)
範囲指定した部分を削除します。

全て選択(A)
編集画面の全てを範囲指定します。

文字置換(R)
文字列の置換を行います。


●表示(V)メニュー

ツールバー(T)
ツールバーの表示・非表示を切り替えます。

ステータスバー(S)
ステータスバーの表示・非表示を切り替えます。

フォント変更(F)
表示フォントを変更をします。
フォントはデータ毎に変更可能ですが、
データ内のこの部分だけ太字といった事は出来ません。
全てが変更されます。
以後新たに作成されるデータは全て指定したフォントで作成されます。

オプション設定(O)
キー割り当てと行間の設定、左禁則文字、右禁則文字
の設定を行うダイアログを表示します。


●DB(D)メニュー
※このメニューはデータベースファイルを開いている場合のみ有効です。

新規入力(W)
新規にデータを入力する画面に移ります。

先頭データ(T)
先頭のデータを表示します

前のデータ(P)
現在表示しているデータの一つ前のデータを表示します。

次のデータ(N)
現在表示しているデータの一つ後のデータを表示します。

末尾のデータ(B)
末尾のデータを表示します

表題一覧(L)
表題一覧のダイアログを表示します。
表題一覧ダイアログで表示したいデータの表題をクリックします。

添付フォルダ(A)
添付フォルダのダイアログを表示します。
ここでドラッグアンドドロップの要領で、
ファイルを添付する事が可能です。

プロパティ(P)
データの表題とキーワードを表示します。

削除(D)
現在表示中のデータを削除します。
データは削除すると復活することは出来ません。
ご注意下さい。

知子テキストからの取り込み(T)
「知子の情報」からデータをコンバートする場合に使います。
「知子の情報」でコンバートしたいデータを知子テキスト形式で保存し、
この機能で取り込む事が可能です。

ヘルプ(H)メニュー

キー割り当てと機能一覧(C)
MemoDBの機能と、その機能に対応したキー割りあての一覧を出します。

バージョン情報MemoDB(A)
バージョン情報を表示します。

ツールバー


データベースを開いている時は、新規データ画面に、
テキストファイルを開いている時は新規のテキストファイルの画面になります。

メニューバーの
ファイル(F)−新規作成(N)
と同じ機能です。


テキストファイルまたはlmdファイルを開きます。

メニューバーの
ファイル−開く
と同じ機能です。


データベースファイルを開いている時は、
現在のデータを保存します。
テキストファイルを開いている時は現在のデータを開いているファイルに上書き保存します。

メニューバーの
ファイル(F)−上書き保存(S)
と同じ機能です。


印刷ダイアログを開きます。

メニューバーの
ファイル(F)−印刷(P)
と同じ機能です。


それぞれ、範囲指定された内容の切り取り、コピー、コピーした内容の貼り付けを行います。

メニューバーのファイル(F)切り取り(P)コピー(C)貼り付け(T)と同じ機能です。


現在表示中のデータを削除します。
データは削除すると復活することは出来ません。
ご注意下さい。

メニューバーDB(D)削除(D)と同じ機能です。

※このボタンはデータベースファイルを開いている場合のみ有効です。


それぞれ、先頭のデータを表示、
一つ前のデータを表示、
一つ後のデータを表示、
末尾のデータを表示します。

メニューバーDB(D)先頭データ(T)前のデータ(P)次のデータ(N)末尾のデータ(B)と同じ機能です。

※このボタンはデータベースファイルを開いている場合のみ有効です。


データの表題とキーワードを表示します。

メニューバーDB(D)プロパティ(P)と同じ機能です。

※このボタンはデータベースファイルを開いている場合のみ有効です。


表題一覧のダイアログを表示します。
表題一覧ダイアログで表示したいデータの表題をクリックします。

メニューバーの
DB(D)−プロパティ
と同じ機能です。

※このボタンはデータベースファイルを開いている場合のみ有効です。


添付フォルダのダイアログを表示します。
ここでドラッグアンドドロップの要領で、
ファイルを添付する事が可能です。

メニューバーの
DB(D)−添付フォルダ(A)
と同じ機能です。

※このボタンはデータベースファイルを開いている場合のみ有効です。


検索バー


テキストファイル編集時にはこの検索バーになります。
機能は以下の通り。

文字列検索
検索語入力ボックスに検索語を入れ、
左の上下の矢印キーを押すことで、
編集画面の文字列検索を行います。

ブラウザでの検索
検索語入力ボックスに検索語を入れ、
ブラウザボタンを押すことで、
自動的にブラウザを起動して検索を実行します。

文字コード変換
保存するファイルの文字コードを変更します。
UNICODE、ANSI、UTF-8に対応しています。
UNICODEが初期値になっています。
通常はUNICODEで問題ありません。



データベースファイルを開いている場合はこの検索バーになります。
機能は以下の通り。

文字列検索、ブラウザでの検索
テキストファイル編集時と同じです。

検索(データ検索)
データベースファイル内の検索を行います。
検索語を入力し検索ボタンを押すと、
該当したデータのタイトル一覧が表示されます。